相談業務を通じて、障がいや困難を抱える人たちを幅広く支援

社会福祉士
試験情報

障がい者や高齢者、児童などの社会的弱者が抱えている問題を的確にくみ取り、相談業務を通じて受けられる支援やサービスを提案し、調整していくのが社会福祉士です。加速する高齢化や、育児放棄・児童虐待といった問題が顕在化するなか、その必要性がますます高まっている人気の資格です。

社会福祉士

【試験日程】
例年2月上旬

【受験申込書の受付期間】
例年9月上旬~10月上旬
※受験申込書は各自お取り寄せください。

【合格発表】
例年3月中旬

【試験地】(例年24試験地)
北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

【試験科目】
人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム、現代社会と福祉、地域福祉の理論と方法、福祉行財政と福祉計画、社会保障、障害者に対する支援と障害者自立支援制度、低所得者に対する支援と生活保護制度、保健医療サービス、権利擁護と成年後見制度、社会調査の基礎、相談援助の基盤と専門職、相談援助の理論と方法、福祉サービスの組織と経営、高齢者に対する支援と介護保険制度、児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度、就労支援サービス、更生保護制度

【受験資格】

1)4年制大学で指定科目を修めて卒業した方
2)2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方
3)社会福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方
4)社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方

【お問い合わせ先】
公益財団法人社会福祉士振興・試験センター
【URL】http://www.sssc.or.jp/

※試験の詳細は公益財団法人社会福祉振興・試験センターのホームページをご参照ください。

大原で学べる学習スタイル

ダブルスクールや社会人の方の
資格取得や公務員合格をサポートします

圧倒的な学習時間と問題演習により
最短での資格合格や新卒就職をめざします

平日に毎日通学し、資格取得や高度な技術を身につけ、
就職・公務員合格をめざします

資格の大原
なんでも資格ランキング