農業経営に必要な会計知識が身につく!

農業簿記検定
試験情報

農業経営は他業種に比べて保有する資産の数が多く、生産物も多彩で、複雑な収支構造になっています。これらの取引活動を的確に把握し、効率のよい農業経営をするために生まれたのが、複式簿記をベースに農業に特化した勘定科目などを盛り込んだ農業簿記。検定資格取得者は、農業経営に欠かせない人材として、幅広い分野での活躍が期待されています。

農業簿記検定

【受検資格】
どなたでも試験を受験することができます。

【試験地】
北海道から沖縄までの主要都市にて実施予定。 詳しくは、「一般財団法人 日本ビジネス技能検定協会」のHPをご覧ください。

【試験内容】

7月検定 2021年7月4日(日)
11月検定 2021年11月21日(日)

【試験時間】

3級 90分
2級 120分
1級 120分

【試験形式】
マークシートを利用する多肢選択式。 設問は、記述文章によるもの、計算を行うものの組み合わせです。

【監修者】
一般社団法人 全国農業経営コンサルタント協会
http://www.agri-consul.jp/

【実施団体】
一般財団法人 日本ビジネス技能検定協会
TEL : 03-5281-5381 (受付時間:平日9:00~18:00)
http://www.jab-kentei.or.jp/koukaikei/

資格の大原
なんでも資格ランキング