【税理士】簿記論・財務諸表論の受験資格が不要になります!(2023年の試験より)

お知らせ

(参考)国税庁HP https://www.nta.go.jp/taxes/zeirishi/zeirishishiken/shikaku/01.pdf

 

 

大学在学中の官報(5科目)合格が目指しやすくなりました

 こんにちは[資格の大原]専任講師の宇都宮です。2023年8月の試験より、税理士試験(※)会計科目(簿記論・財務諸表論)の受験資格が不要になります。これにより、今まで大学生の方は3年生からの受験開始が一般的でしたが、これからは大学1年生から学習を開始し、2年生からの受験が出来るようになります。今後は大学生のうちに3回以上受験できますので「在学中に官報合格を目指す時代」が到来したといえます。

 ※税法科目には受験資格があります。大学で一定の単位と教科を履修していれば、3年生からは税法も受験が可能となります。

 

これから実務経験をつむ社会人にも有利な制度

 実務経験で受験資格を得ようとお考えの社会人にも朗報です。これまでは実務経験の要件を満たしてはじめて、受験を開始することができましたが、これからは会計事務所等で実務経験を積みながら、同時並行で会計科目の受験を開始することが出来ます。つまり、あなたの人生設計を数年前倒しすることが出来るわけです。

  

人生100年時代を迎え魅力を増す税理士

 人生100年時代を迎え、税理士として独立開業すれば、望む年齢まで「生涯現役」として活躍できる税理士資格がますます注目されています。いままで “税理士は夢の資格” と思っていた方も、これからは夢ではありません。大原なら、すぐ手の届くところにそれはあります。ぜひ私と一緒に始めましょう!

今すぐ学習開始したい方はこちら(5月開講のご紹介)

まずはご相談をご希望の方はこちら(横浜校)

まずはご相談をご希望の方はこちら(町田校)

戻る