社労士試験における過去問活用法とは?
大原講師陣が解説

社労士試験の勉強では過去問を活用している人が多いのではないでしょうか。実際に出題された問題のため、試験対策に有効といえるでしょう。

過去問を活用するなら、どのような過去問に取り組めばより効果的なのか、どのようなパターンの問題に注意するべきなのかが重要になります。

この記事では、社労士試験の勉強におけるプロ、大原の講師陣による過去問の紹介を交え、過去問を解く際に理解すべきポイントや注意点を解説します。ぜひ社労士試験合格への参考にしてください。

【金沢講師の自己紹介】

社労士試験は突き詰めると「覚えたもの勝ち」の試験です。趣旨やゴロ合わせ、具体例など、さまざまな方法を使って記憶に残る講義を提供いたします。

社労士の過去問で可能な試験対策とは

社労士試験の勉強において、誰でも手軽に取り組める勉強法といえば、過去問を解くことです。過去問を解くことで、どのような対策を講じられるのでしょうか。ここでは、過去問の活用で可能な対策や効果を解説します。

社労士試験の出題傾向が見えてくる

社労士試験の過去問には、これまでの社労士試験で実際に出題された問題が出てきます。

過去問を解いていると、文章構成や数値は初めて見るものの、解くべき論点は共通している問題が頻出している場合があります。

共通した論点の問題が出てくるということは、その論点が試験において重要なポイントだと予測できるでしょう。

試験問題の苦手分野が明確になる

社労士試験において重要な要素の一つが、各科目に合格基準点が設けられているということです。そのため、一つでも基準点を下回る科目があった場合、不合格になってしまいます。
そのような事態を回避するためには、得意分野で高得点を狙うのではなく、全体的に苦手分野を克服し、全科目でバランスよく得点できるように対策するのが理想的です。

過去問を解いていると、分からない問題や不正解だった問題に共通する要素が何なのかを分析でき、自分の苦手要素が何なのかを明確にできます。認識した苦手分野を克服すれば、科目で点数を落とさずに合格を目指せるでしょう。

試験本番を迎えた際の心構えができる

試験本番では、慣れない環境のなかで長時間にわたり問題を解かなければなりません。1問にかけられる時間もそう長くはないので、落ち着いて試験に取り組む必要があるでしょう。

しかし、本番という緊張感のなか、予想外な問題に遭遇して動揺を隠せない状況が訪れるかもしれません。その原因として、これまでに解いてきた問題数の不足が挙げられます。

社労士という職業は、あらゆる課題を解決しなければならない職業です。そのため、さまざまな切り口の問題が出題されます。

有効な対策は、過去問をできるだけ多く解くことです。さまざまな切り口の問題を経験しておけば、臨機応変な対応力も身に付き、落ち着いて解答に集中できるでしょう。
また、本番の時間配分への対策として、過去問を解く際は時間を計るとより効果的です。

【金沢講師ならではのポイント】

社労士試験は過去問だけ解いていれば合格できる試験ではありません。つまり、過去問を解くことは十分条件ではなく、必要条件です。過去問を解くことが、合格するための前提条件となります。その上で、過去問で出されたことがない規定に対する備えをすることで合格点を取ることが可能です。
具体的には、テキストに掲載されている情報のうち、まず、過去問で問われたことがある規定(過去問論点)をマスターします。その次に、過去出題された規定の周辺の規定(周辺論点)をマスターするという順番です。

社労士試験の問題形式

社労士試験では、どのような形式で問題が出題されるのでしょうか。合格基準点やポイントとともに解説します。

社労士試験の出題形式

社労士試験は「択一式」と「選択式」になっており、マークシートでの解答方式です。

択一式問題では、1問に対して5つの選択肢が用意されており、問題に対する適切な選択肢を一つだけ選ぶといった解答方法です。
一見、スムーズに解答できそうに感じるかもしれませんが、各科目を総合すれば計350の選択肢を読まなければなりません。
試験時間は210分設けられておりますが、単純計算すれば一つの選択肢を読むのに使える時間は長くても36秒しかありません。

正誤判断や見直しを勘案すれば、文章を読んだ時点で瞬時に解答できるほどの知識が必要だと考えられます。

一方、選択式問題は、1問に対し5つの空欄があり、解答群から適切な解答を選択するという解答方式です。

試験時間は80分、埋めなければならない空欄の総数は計40個のため、1問につき最大2分間は確保される計算になります。

解答群には紛らわしい選択肢も含まれている可能性もあるので、正しい判断にはより注意を払う必要があるでしょう。択一式と比較すれば時間に余裕を感じますが、正しい判断を意識しているうちに予想以上の時間を費やすことも予想されます。

科目や合格基準点

社労士試験の科目は「労働に関する法律」と「社会保険に関する法律」といった2種類に分類されます。

それぞれの科目を細分化すると計7科目に分類されています。その上、同じ括りで扱われている「労務管理その他の労働に関する一般常識」と「社会保険に関する一般常識」はさらに細分化して勉強しなければなりません。

また「労働者災害補償保険法」と「雇用保険法」の問題では、労働保険の保険料の徴収等に関する法律が含まれているため、労働保険徴収法についての勉強も必要です。つまり、合計10科目について勉強する必要があります。

合格基準点は、選択式と択一式のいずれも総合点では概ね6割~7割となりますが、それぞれ科目ごとの最低基準点(原則として、選択式は1科目3点以上、択一式は1科目4点以上)が定められています。

これは、厚生労働省により定められているもので、社労士の合格基準点は採点結果が出たあとで決まります。各科目の基準点は得点の分布に連動する仕組みです。

【金沢講師ならではのポイント】

社労士試験は、難関国家資格に位置づけられる資格としては珍しく、すべてマークシートの試験です。論述や計算式を書き出すような問題はありません。すなわち「○×」問題です。したがって、勉強方法としては、文章を書く練習や、条文の一言一句を暗記する勉強は必要なく、条文のキーワード部分を正確に記憶する勉強が適切ということになります。

大原講師陣が実際の過去問を解説

ここでは社労士試験の実際の問題を大原講師陣が解説します。

【定番問題】

正誤判定

労働基準法の「事業主」とは、その事業の経営の経営主体をいい、個人企業にあってはその企業主個人、株式会社の場合は、その代表取締役をいう。

答え

誤り

労働基準法の事業主は、株式会社の場合は、「法人そのもの」をいいます。代表取締役にあたるのは「事業の経営担当者」です。

この問題のように、社労士試験では、類似した定義や要件、効果をずらして誤りにするという問題が非常に多いです。大原の講義では、そのようなひっかけポイントのレクチャーを多数盛り込んでいます。

【新傾向】

空所判定

我が国の労働の実態を知る上では、政府が発表している統計が有用である。年次有給休暇の取得率を知るには【?】が使われている。

答え

【就労条件総合調査】

選択式問題では、労働統計、厚生統計からの出題があり、その統計名称や主要な数値が問われます。大原の講義では、直前期に統計対策のまとめ講義を実施しています。

【難問】

正誤判定

「労働基準法及びこれに基づく命令に定める許可、認可、認定又は指定の申請書は、各々2通これを提出しなければならない。」

答え

正しい

この問題は、一般的な基本テキストには掲載されていない細かい知識を問う内容です。こういった内容の問題までカバーしようと学習範囲を広げると、試験によく出る基本的な知識のおさえが甘くなります。

社労士試験は、7割の得点率で合格できる試験です。その7割は、基本事項をマスターすればクリアできます。大原の教材には、その合格基準点分の情報が掲載されています。

問題のすべてに対応しようと手を広げすぎないようにし、基本をしっかり反復学習で固め、7割の合格基準点以上の得点を狙った学習をしていきましょう。

社労士試験に効果的な問題集の選び方や活用法

数ある問題集のなかから自分に適した問題集がどれなのかは、勉強してみなければ分かりません。また、購入した問題集が自分の知識レベルと合っていなければ、挫折する原因にもなりえます。

ここでは、問題集の選び方や特徴、その根拠を解説しますので、問題集を選ぶ際の参考にしてください。

論点別の問題集

社労士試験では、同じ論点でパターンを変える“ひっかけ問題”のような出題が見受けられます。

どこが誤りで、なぜ誤りなのかを明確に認識できていれば、正しい解答を選択できます。そのためには、論点別の問題が多く含まれている問題集を選ぶのが効果的です。

社労士試験では問題の焼き直しが多く、同じ論点の異なるパターンといった問題で法律に対する理解を試される傾向にあります。
どのような状況でも正しい判断ができなければいけない職業のため、さまざまなパターンの問題を解いて対策するのが効果的でしょう。

シリーズ展開されているもの

シリーズ展開されている問題集は、一つひとつの問題の解説やテキストがリンクしているものが多く、スムーズな確認作業を実現します。そのため、情報を探す手間がかからず、効率的な勉強が可能です。

選ぶポイントとしては、テキストや問題集、横断整理、過去問などがすべてシリーズとして出版されているものがおすすめです。

過去問と予想問題集の併用がおすすめ

社労士試験では白書、時事問題などからも多く出題されます。このような問題は、最新の情報からしか得られないため、過去問だけを解いていても合格にはつながりません。

このような問題を克服するには、過去問と予想問題集の併用が効果的です。まさに勉強を始めるその年に出版された予想問題集と過去問題集を活用し、過去問では補いきれない要素を克服しましょう。

【金沢講師ならではのポイント】

択一式の問題集は、一問一答式と、五肢択一式の2種類があります。学習初期~中期にかけては、一問一答式を中心に使いましょう。
学習初期~中期にかけての学習は、テキスト学習の進捗と並行した出題論点の把握が目標となりますので、テキスト掲載順に並び替えされた一問一答式の方が相性がよいです。
一方、学習中期~後期にかけては、五肢択一式の問題を解く訓練を組み込んでいきましょう。本試験と同様に、5つの選択肢のなかから正解肢を選び出す、という実践訓練は、直前期においては必須となります。

過去問の勉強だけで社労士試験の合格は厳しい?

過去問をうまく活用することが社労士試験合格には有効とされますが、実際、過去問の勉強だけを行なっていれば合格できるのでしょうか。結論としては、過去問だけではなく他にも対策は必要です。

ここでは、過去問対策以外に必要な対策や、その理由について解説します。

最新の法改正に対応できない場合がある

社労士試験の試験科目に関する法改正は毎年行なわれており、4月に法改正された内容はその年の社労士試験の出題範囲となります。

法改正では「どこがどう変わったのか」「何のために変わって、なぜそうする必要があったのか」を理解しているかが重要視されるとともに、法改正にあたり行なわれる経過措置についても学ばなければなりません。

現在の数字を問われる問題が出題される可能性がある

「労務管理その他の労働に関する一般常識」や「社会保険に関する一般常識」は、出題範囲が広く浅いといった傾向にあります。

過去問を多く解答しても、解いた問題と同様の問題が出題されるとは限らず、対策が非常に難しい科目の代表格といえるでしょう。

例えば、「平成20年の○○率と令和3年の○○率の比較」などといった、過去問では比較できない現在の数字を問われる問題には要注意です。

法改正や現在の数字に関わる問題に理解を深めるのであれば、厚生労働省の公式サイトにある最新情報を閲覧するとよいでしょう。

【金沢講師ならではのポイント】

前述の通り、過去問は、合格の十分条件ではなく、合格の必要条件です。他の受験生の方もマスターしている過去問を攻略することが合格の前提となります。したがって、過去問攻略の優先度は非常に高いです。”過去問だけ”ではなく、”過去問とテキストを中心とした学習”を心がけましょう。

社労士試験の合格を目指すなら大原

社労士試験の合格を目指すにあたり、独学では補いきれない要素が多く効率的な勉強も困難といえるでしょう。
大原には、試験合格に必要な環境やテキスト、プロの講師陣がそろっています。

指導経験豊富なプロの講師が勢ぞろい

大原の講師陣は指導経験豊富なだけでなく、学習レベルや学習環境(通学・通信)によって専門の講師がいるため、さまざまな生徒に対応できます。
また、講師それぞれが実践してきたオリジナルの覚え方や勉強法、講義展開に工夫がなされており、合格するための抜かりない環境づくりを行なっています。

また、大原は全国的に展開しているため、住んでいる場所から近い学校を選べます。各校にプロの講師がいるので、学習格差が生まれる心配もありません。

専門性が高い試験内容のため、合格者を多数輩出した実績のある大原なら安心して勉強に取り組めるのではないでしょうか。

過去問・法改正・白書対策テキストまで網羅

大原で利用するテキストは、毎年更新されるオリジナル教材です。現場にいる講師陣が、より効率的に、かつ効果的な教材を作成しています。

大原オリジナル教材のなかには、過去問のみならず法改正や白書対策テキストなど、独学では不可能なのではと思われる内容まで掲載されています。

白書対策では、各種統計資料や白書のなかから重要事項を徹底的に絞り、より分かりやすくするために図解を用いるなど、勉強する側の利便性にもこだわっています。

その他、横断的視点でまとめたテキストにおいて、各科目間の共通事項や類似事項を横断的にまとめているため、全体の統一的な把握に役立つでしょう。

大原なら通学講座も通信講座も行なっている

大原の講座には、通学講座と通信講座があり、自分に合ったスタイルでの勉強が可能です。

通学コースで選択できる「映像通学」は、自分の都合に合わせて講義を受けられるよう、大原校舎内のブースで映像受講します。実際の講義映像なので、リアルタイムで講義を受けているような緊張感やモチベーションを維持できます。

その他、回数制限なしで出席済みの講義の再受講が可能であることに加え、急な引っ越しにも対応できる転校制度もあります。

通信コースでは、Web通信やDVD通信、資料通信といった、あらゆる方法での勉強が可能です。通信講座でも、分からないところを放っておくのではなく、ご質問をいただけるなどしっかりとしたフォロー体制が整っているので安心してください。

また、途中入学や随時入学にも対応しているため、資格取得を目指した瞬間から申し込めます。

【金沢講師ならではのポイント】

資格の勉強は、登山に例えると、登山者が受験生の皆様、講師やスクールは、道先案内人のイメージです。登山者ができるだけ早く、確実に山を登れるように、山頂へのルートをご提示し、最後まで同伴する存在です。目標を共有し、ともに頂点を目指しましょう。

まとめ

社労士試験において、過去問を中心に学習するのは非常に効果的ではありますが、頻繁に行なわれる法改正や白書対策に対応しなければならず、独学での合格は困難を極めます。

また、総得点で合格基準点をクリアできていても、科目ごとの点数が1科目でも合格基準点を満たしていなければ合格が難しくなります。そのため、出題範囲全体を網羅した専門的知識や指導が不可欠です。

大原では、試験合格に照準を絞った対策を行なっており、多くの合格者を見届けてきました。プロの講師陣による講義を受けてみませんか。

セミナー・説明会・体験入学

資料請求

講師プロフィール

名前
金沢博憲
担当科目
社会保険労務士
指導理念
楽しく学ぶ
紹介文
社労士試験は突き詰めると「覚えたもの勝ち」の試験です。趣旨やゴロ合わせ、具体例など、さまざまな方法を使って記憶に残る講義を提供いたします。

大原の講師が徹底解説!