【社会保険労務士】世の中が求める資格「社労士」 早くも2022年受験コースが受付開始!

オススメ

ライセンスプランナー:中村 郁夫からのMessage

  •  社会保険労務士は、人事・労務管理に関するコンサルティング業務を担うエキスパート。働き方改革では、日本の働き方を変えるために施行された改正法のプロフェッショナルとして注目を浴びました。また、現在のコロナ禍においても、社労士は以下のような側面から企業を支えています。

    • 労働社会保険の適用、年度更新、算定基礎届
    • 各種助成金などの申請
    • 労働者名簿、賃金台帳の調製
    • 就業規則・36協定の作成、変更

     特に、上記②については、「助成金が申請できることはありがたいが、どのようにすればよいかわからない」という中小企業経営者の声を多く聞きます。

    厚生労働省および社労士会の見解では、「厚生労働省の助成金に関わる書類作成や申請代行については、社労士法の第1号及び第2号業務に当たる」とされています。そしてこの「書類作成」「申請代行」「事務全般の代理」が社労士の独占業務であることから、いま社労士に熱い注目が集まってきているわけです。

社労士セミナー &ガイダンス : 詳細はこちら

2022年受験コースの早期キャンペーン(~5/16まで)

 

・・・・セミナーのご参加が難しい方は個別相談をご利用ください・・・・

戻る