「資格の大原」現役講師に聞いた!

いま、取得するべき資格
ランキング

有効回答数:
172件(複数回答あり、2019年7月実施)

グローバルに
活躍できそうな資格は?

海外旅行が一般的となり、国と国との距離がとても近くなった今、とくにビジネスの世界ではグローバル化の波は速く、「国境がなくなってきている」とも言われています。そんな時代、グローバルに活躍するために必要な資格とはどんなものなのでしょうか。グローバル時代に持っておきたい資格をご紹介します。

1
TOEIC®
TOEIC
TOEIC(Test of English for International Communication)は、英語を母語としない人たちを対象とした国際的なテストです。「聞く」「読む」「話す」「書く」の4つの観点から、受験者の英語によるコミュニケーション能力を判定します。大学入学試験の英語試験免除の要件や、推薦入試の出願条件、企業への就職や転職・昇進・昇格の際の判定基準に採用されるなど、学生から社会人まで幅広い用途に活用されています。
2
U.S.CPA(米国公認会計士)
U.S.CPA(米国公認会計士)
U.S.CPA(米国公認会計士)は「U.S. Certified Public Accountant」の略。アメリカ各州が認定する公認会計士の資格で、州ごとに取得・登録することができます。ビジネスのグローバル化に伴い、世界中の国々が自国の会計基準を「IFRS」にする動きが加速しています。米国公認会計士試験では、いち早くIFRSに関する出題が行われており、アメリカにとどまらず国際ビジネス市場において、もっとも高い評価を得ている会計分野の資格のひとつです。
3
BATIC(国際会計検定)®
BATIC(国際会計検定)
BATIC(国際会計検定)®は、グローバルなビジネスに不可欠な「会計スキル」と「英語力」をはかる検定試験です。英文簿記をはじめとする英語での会計処理能力に加え、EU、アジア各国をはじめ100カ国で適用されているIFRS(国際財務報告基準)に関する知識など、国際的な会計ルールの理解度を測ります。近年、日本でも会計ルールを国際基準に適合させるため、政府の成長戦略においてIFRSの任意適用企業の拡大促進が掲げられています。

1位は、グローバル社会で活躍するためには欠かせない英語力をはかる『TOEIC®』でした。2位の『U.S.CPA』は、2011年以降日本の会場でも受験可能となったことで、グローバル社会の需要と相まって日本人の受験者は増加傾向にあります。また3位の『BATIC®』も、社会のグローバル化にともない、国際的な基準に沿って会計業務を遂行できる人材へのニーズが高まっており、これから仕事の幅を広げたいと考える経理・会計担当者の注目の資格です。