グローバルなビジネスに不可欠な会計スキルと英語力を認定!

国際会計検定(BATIC®)

外資系企業のみならず、日本企業でも会計基準を国際的な基準に変更する動きが進み、国際会計のスキルを持つ人材のニーズが高まっています。国際会計検定(以下、BATIC®)は、グローバルビジネスの共通言語である英語力も試されるため、高スコア*を取得すれば、キャリアアップや転職に有利に働きます。また、日商簿記の知識を活かせるため、経理や会計担当者にとっては英文会計を学習する最適な入口になっています。
*BATIC®はTOEICと同じようにスコア制が採用されています。

試験情報はこちら

BATIC®とは 仕事の継続性とキャリアアップ 社会的需要とやりがい BATIC®を取得するためには(BATIC®の試験概要)

BATIC®で高スコアを取得したら・・・

□就職・転職市場で高い評価を得られる
□国際取引で、スキルを活かす醍醐味を味わえる

英文会計についての基礎知識を有し、実務上必要な英語力も持っていることが認定されるBATIC®の高スコア取得者は、転職・就職市場で高い評価を得ています。外資系だけでなくグローバルな展開を視野に入れている多くの日本企業もBATIC®で認定された人材の確保に動いています。業種もIT・通信系からメーカー、サービス業、コンサルティング業と幅広く、自分の将来を考えて企業を選ぶことも可能になっています。

また、外資系企業では、性別や年齢という固定概念にとらわれない職種別採用を行っており、実務経験があって、BATIC®で高スコアを取得した方が即戦力のスペシャリストとして採用されるケースもあります。さらに、海外事業部などの部署にいれば、大きな国際取引に関わることでBATIC®で培われたスキルを活かす醍醐味を味わうことができ、それにやりがいを感じている人もいます。

【BATIC®とは】

英語での会計処理能力を測る検定
仕事の幅を広げたいと考える経理・会計担当者の注目の資格

海外に事業所を持つ企業との取引、海外からの資金調達、外資系企業の日本進出、国をまたいだM&Aなど……ビジネスのグローバル化が加速しています。外資系企業のみならず、日本企業でも業種や規模の大小問わず、国際市場における企業活動が活発化しています。そのような状況のもと、日本でも会計ルールを国際基準に適合するものにするため、各企業が対応に追われています。また、政府の成長戦略においても、IFRSの任意適用企業の拡大促進が掲げられたことから、IFRSを採用している、あるいは採用を決定している企業は2019年4月現在すでに212社以上あり、近い将来には300社まで増えるともいわれています。それに伴い、国際的な基準に沿って会計業務を遂行できる人材へのニーズが高まっています。

BATIC®は、IFRSや米国会計基準などの基礎となる英文簿記の理解度を測る検定試験。試験言語が英語であることから、会計知識のみならず実務に必要な英語力も測定されることになります。検定結果は合格・不合格で判断されるのではなく、400点満点のスコア制になっています。つまり、BATIC®で高スコアを取得すれば、それだけでグローバルなビジネスシーンでの活躍が期待できる人材であるという評価につながります。

近年、日本企業のなかには海外展開に対応するために、BATIC®を社内の教育体制の一環として組み入れる企業まで現れています。ビジネスのグローバル化が進むなか、英文簿記の知識・理解がないと業務に支障をきたすケースも考えられます。この先、経理・会計担当者がビジネスシーンで仕事の幅を広げたいと考えるなら、BATIC®は注目の資格となることはまちがいありません。

【仕事の継続性とキャリアアップ】

高スコアを取得していれば、外資系企業だけでなく
幅広い分野での活躍を視野に入れられる。

【仕事の継続性】
BATIC®の検定結果はスコアで認定されるため、それぞれのスコアレベル(下記参照)によって、任される業務内容や企業での地位も変わります。

仕事の継続性を考えるなら、現状のスコアに満足せず、少しでも高いレベルのスコア取得を目指して学習を続けることが必要です。また、外資系企業では性別や年齢といった固定概念にとらわれない職種別採用を行っており、即戦力となるスペシャリストを求める傾向にあります。そのため経理の実務経験があり、加えてBATIC®の高スコアを持っていれば、復職がスムーズになります。

グローバルにビジネスを展開する企業の経理や会計部門では、専門用語をはじめ頻繁に英語が用いられる実務において、どれだけ国際的な会計スキルを駆使できるかが、その人の評価につながることはいうまでもありません。そのためには、高スコアに満足することなく、実務経験を積み上げることも重要になってきます。

【転職・スキルアップ・キャリアアップ】
BATIC®の高スコア取得者は、英文簿記についての知識を有し、実務上必要な英語力も持っていることが認定されるため、就職・転職市場において高評価を得られることが期待できます。とくに外資系企業への転職希望者にとっては、BATIC®の高スコアの取得はライバルに差をつける強力な武器となっています。

外資系企業だけでなく、将来的に海外進出を検討している日本企業でも、IFRSの適用ニーズが高まり、BATIC®を学んだ人材の確保へと動いています。業種もITや通信系、製造業、サービス業、税務や会計コンサルタントなどと多岐にわたるので、自分が将来どの業種でそのスキルを活かしたいのかの選択も可能になります。また、「これまで学習した簿記の知識をさらに磨きたい」「得意な英語を活かした資格が欲しい」といった自身のスキルアップやキャリアアップを考えているビジネスパーソンにもBATIC®は支持されています。

横にスクロールしてご覧ください。

【社会的需要とやりがい】

ますます高まるBATIC®の高スコア取得者のニーズ
国際舞台でスキルを活かせることにやりがいを感じる人も

かつては、それぞれの国では独自の会計基準が存在し、各企業は自国の基準で売上などを計上していました。しかし、ビジネスのグローバル化に伴い、世界で会計基準を統一しようという動きが加速しています。世界の経済成長を牽引している中国でも、一部を除き、IFRSにコンバージェンス(収斂)されています。海外取引が活発で、国際資本市場での資金調達を重視している日本企業においても、会計ルールの国際的な基準への適用を強く迫られています。そのため、BATIC®の高スコア取得者の社会的需要は、ますます高くなっていくといっていいでしょう。

また、高スコアを取得していれば、そのスキルが活かせる部署、たとえば海外事業部などへの異動がスムーズに決まりやすいという面もあります。グローバル展開している企業なら、海外支社への異動を視野に入れることもできるかもしれません。それが自分の描くキャリアパスと合致すれば、自ずと仕事に対するやりがいも感じられるようになるはず。実際に国際的な取引で、BATIC®の高スコアに裏づけされたスキルを活かす醍醐味を味わい、それにやりがいを感じている人もいます。

【BATIC®を取得するためには】

受験者の約1/3が日商簿記検定合格者
400点満点で得点がスコアとして認定される

BATIC®は、7月~8月と11月~12月の2シーズンで試験が行われ、各シーズン1回ずつ受験できます。試験日は期間内で自由に決められます。
なお、試験当日において、日本に居住している方が受験することができます。

試験方式はIBT(インターネット経由での試験)で実施されます。

資格の大原
なんでも資格ランキング